共同印刷労働組合

印刷情報メディア産業労働組合連合会
  • HOME
  • 基本理念・方針
  • 仕組みと組織
  • 組合の歴史
  • お知らせ
  • 組合員のページ

労働組合ってなにをするの?|基本理念・方針

| はじめに |  運動の基調 |  内部組織活動の取り組み | 

はじめに

2017.9.30


今年7 月の執行委員選挙において、立候補者11 名全員を信任していただき、心より感謝申し上げます。

新体制で任期2 年の組合活動を全力で行いますので、皆様方の更なるご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

はじめに、今年の7 月5 日から6 日にかけて発生した「平成29 年7 月九州北部豪雨」において、被災された方々にお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りし、哀悼の意を表します。

さて、7 月に政府が公表した月例経済報告の中で、景気の基調判断を「緩やかな回復基調が続いている」として先月から据え置いています。欧州連合(EU)離脱に関連した不透明感から自動車や娯楽などの分野で個人消費の伸びが鈍化し、さらには食品やたばこの生産も落ち込んでいることから判断を見直しています。

その中、春季生活闘争において連合は、サプライチェーン全体での正当な配分の方針を昨年同様に継続して掲げました。そのことにより消費を向上させ、経済の発展をけん引し、デフレの脱却を目指しております。印刷労連としても42 労働組合全体で取り組み、一定の回答を引き出しました。今後も労働者全体の生活の安定と向上を目指していきます。
そして、引き続き友誼団体である中央労働金庫や全労済と手を取り合い、可処分所得の向上のために、組合員へ様々な商品や制度を提案しながら、少しでも充実した生活を過ごせるよう取り組んでいきます。

共同印刷労働組合では、安定した年収の確保と労働諸条件の改善を目指し、安定した生活を送れるよう取り組んでいきます。そのために、組合員と更なる意見交換を図り、組合員の幸せと会社発展に繋がる取り組みを展開していきます。

引き続き組合員全員のご理解とご協力を賜り、組合全体での連携を図りながら、より良い環境、より良い会社を作り上げるために、一丸となって継続した活動を展開していきます。ともに頑張りましょう!

▲このページのトップへ