共同印刷労働組合ロゴ

労働組合に歴史あり!|組合の歴史

第一部 労働運動の歩み

労働運動は、働く者が人間らしい暮らしを取り戻すために、ヒューマニズムを原点として生まれ、公正で豊かな社会づくりのために大きな貢献をしてきました。時代は変わっても、その役割はますます大きく、幅広くなってきています。

労働運動の発生

史上初めての労働組合は、イギリスで誕生しました。18世紀にヨーロッパで産業革命が起こり、初めて雇う者と雇われる者の関係ができ、貧富の差が大きくなってきました。自分の働く力以外に何ももたない賃金労働者は、低賃金・長時間労働という過酷な労働条件のもとで、苦しい生活を強いられていました。このような中から、働く者は「人間らしい生活」を求めて立ち上がり、労働組合を結成し、ストライキなどの手段で雇主に改善要求を訴えたのです。
しかし、働く者の団結をいやがる政府や雇主から、団結禁止法などによって厳しい弾圧を受けましたが、働く者は闘い続け、悪法を改正し、働く者の権利を確立し、社会改革の担い手として成長してきました。
今日では、憲法や法律で守られ、公正で民主的な社会の発展になくてはならないものになっています。

戦前の日本の労働運動の歩み

日本では明治時代に、富国強兵・殖産興業の政策によって近代化の波が起こり、多数の賃金労働者が生まれました。労使関係は、まるで主人と奴隷のような関係で、今では信じられないほどの非人間的な労働条件に苦しんでいました。
そうした中で、明治30年、労働組合期成会がつくられ、日本の労働運動がスタートします。そして、イギリスと同じように、ストライキなどを激しく取り締まる治安警察法などがつくられ、労働組合は弾圧されました。
大正時代になると、鈴木文治の指導によって友愛会がつくられ、日本最初のナショナルセンターとして、地歩を固め、その後の総同盟へと発展していきます。
しかし、その後、共産主義の参入により分裂し、無産政党と呼ばれた労働者を代表する政党も分裂しています。
昭和に入り、国家総動員法の公布や産業の国家統制を目的とした産業報国会の結成などの動きの中で、労働組合は解散を余儀なくされ、戦前の労働運動は、終わりを告げます。

戦後の日本の労働運動の歩み

第二次世界大戦が終了後、憲法によって「労働三権」が保障され、労働三法などの各種の法律によって働く者が守られるようになりました。戦前は、労働組合を保護する法律は一つもなかったのです。
労働組合は企業ごとに結成され、その結集体として「総同盟」が結成されました。しかし一方で共産党に指導された「産別会議」ができ、民主的労働運動とマルクス・レーニン主義にもとづく階級的労働運動(共産主義的労働運動)との対立という形で戦後の労働運動はスタートしました。
経営者を敵とみなし、企業をつぶし、共産主義革命を起こそうという階級的労働運動は、無謀なストライキを繰り返し、一方、民主的労働運動は、職場を民主化し、良好な労使関係を築き、今日の日本の繁栄をもたらしてきたのです。
民主的労働運動は、戦後の物のない時代には衣食住の充実、高度成長期には経済発展の基礎となった生産性向上の運動、というように、真の働く者の幸福をめざして、時代の要請にあった運動を一貫して進めています。



第二部 共同印刷労働組合の歩み

私たち共同印刷労働組合は、戦後まもなく結成され、さまざまな時代状況の変化に対応しながら、民主的労働運動をすすめ健全な労使関係を維持発展させ、多くの成果をあげてきました。こうした先輩たちの努力を受け継ぎながら、今後予想される大きな時代変化に対応できる運動を創造していきましょう。

共同印刷労働組合の誕生

昭和21年、終戦を迎え廃墟と化した日本で続々と労働組合が結成される中、私たち共同印刷労働組合は、昭和22年1月23日に結成されました。
戦後混乱期の、飢餓と極度のインフレの時代状況の中で、組合員の衣食住の確保と会社の再建が活動のスタートとなりました。
当時の労働組合の多くは、マルクス・レーニン主義の影響を強く受けた共産主義的な労働運動がまだ全盛をきわめていました。共同印刷も次第に会社の復興のすすむ中、階級闘争史上主義をとった左翼勢力の影響によって、労使関係は悪化し、無謀なストライキなどにみられるような様々な紛争や闘争が繰り返されるようになりました。

民主化の時代

そうした中で、組合を民主化し、明るく気持ちよく働ける職場をつくるための民主化の運動がはじまりました。困難な闘いではありましたが、組合員の力強い熱意によって、自由にして民主的な労働運動へと次第に移り変わり、昭和56年には左翼的労働運動の全印総連を脱退し、民主化を達成し、今日の共同印刷労働組合の基本的な姿ができました。

より幅広い活動へ

共同印刷労働組合は、今まで、賃上げをはじめ、労働時間短縮、定年制、退職金の改訂、共済制度の充実など、労働条件の向上に大きな成果をあげてきました。また、地域活動、ボランティアなどの社会貢献の活動や、政治活動、政策制度要求などの社会的活動にも大きな成果を挙げてきました。
上部団体も、昭和61年の民間労組による「連合」を結成、平成元年の現「連合」(日本労働組合総連合会)発足、同年には念願の民主的な労働組合による産業別組織「印刷労連」も結成し、連合に加盟、よりダイナミックな幅広い活動を広げていきます。



第三部 共同印刷労働組合のと労働界の流れ

共同印刷労働組合のと労働界の流れ

▲ページトップへ

KYODO PRINTING WORKING UNION SINCE1900